厳しい気候条件スウェーデンの自動車メーカー!

極寒の地自社メーカーの始まり

スウェーデンはユーラシア大陸のかなり北に位置しています。非常に寒く極寒と言っても過言ではない北欧の国です。そんなスウェーデン車の特徴は、故障が少なく丈夫で雪道等のラフロードに強い事です。スウェーデンは極寒の国なので、求められているのは先ず雪道の走破です。その為ラフロードでの安定性は欠かす事が出来ません。そして車が故障して動けなくなってしまっては、極寒の地では死にも繋がる恐れがあります。この様な環境なので故障しない事に重点をおいています。この国を代表するあるメーカーは車の生産を1927年に開始しました。気候条件の厳しいスウェーデンでは、この地に対応出来る安全で丈夫な車を、生産する自動車メーカーはどこもないと言う環境がこのメーカーの始まりでした。

世界への貢献と歴代モデル中古車の価値

スウェーデンのこのメーカーが開発した酸素センサーは、初めて車に採用されたのにもかかわわらず、90パーセントも有害な排出ガスを低減できると言う事で、今や世界中で使用されています。又1959年に登場した3点式シートベルトは、人の命を100万人以上救ったと言われています。その安全性もこのメーカーはさる事ながら、数多くの革新を起こしたり環境にも配慮したりと世界中に影響を与えています。このメーカーの初代モデルは、20年以上が販売開始から既に経過しています。残存する車両が中古車市場に少ない為、比較的高値で希少なモデルは取引されています。3代目モデルは中古車市場では最終モデルが圧倒的な人気です。2013年以降の中古車が特に高値で流通しています。走行距離が3千キロ未満の車両は3百万円以上しています。

ボルボの中古車を購入したいと考えているのであれば、それらを多く扱っている店舗を調べましょう。情報を集めることで、自分に合った選択肢を見つけることにつながります。