沖縄旅行とはどの季節に行っても楽しめます

沖縄では冬を除いて春から秋まで海に入れる

関東や関西・東北地方の海とは夏以外の時期においては海水の温度が下がるため、春や秋に海に入って泳いだりマリンアクティビティを楽しむのは難しいものです。しかし、沖縄とは平均気温が本州と比べて相当高いのに比例し、海水の年間平均温度が高い側面をもちます。そのため沖縄旅行をする際は、冬を除いて春から秋まで海に入って様々な楽しみ方をする事が可能です。なお、西表島などの自然豊かな離島には、人がほとんどやってくることがないビーチも存在します。そういったビーチでは人の話している声などに邪魔されることなく、波の音を聴きながらシートの上で昼寝をするような過ごし方もできます。

海の幸を楽しめるのが魅力

沖縄とは海との縁が深い地域で、沢山の漁港が存在するため海の幸に関連した様々な料理を堪能する事が出来ます。例えば島で獲れた魚を使った寿司や刺身などを楽しめるほか、海ぶどう・もずく酢といったヘルシーな一品料理も低価格で味わえます。

星空の素晴らしさも魅力の一つ

都市開発が進んだ本島南部の那覇市や離島の市街地を除いて、沖縄とは空気が澄んでいる点も魅力の一つです。特に石垣島・宮古島の郊外や西表島全体は空気がきれいなため、晴れた夜の日には信じられないほど沢山の星を肉眼で見る事ができます。特に夏場については天の川を当たり前のように見られますので、天体好きのかたは夏場に島の中の天文台や市街地から離れた場所に行ってみる事をおすすめします。

冬でも十分楽しめる沖縄

冬の沖縄は海で遊ぶことは難しいものの様々な楽しみ方が出来ます。例えば、各島の内陸部には素晴らしい史跡や観光スポットがあるため、そういった場所に薄着で行けます。また、那覇市に滞在している場合は国際通り商店街で食べ歩きを楽しんだりする事も可能です。

沖縄旅行で今ひっそりとブームになっているのが鍾乳洞です。大自然の営みを全身で体感することができます。