冠婚葬祭の時に使えるよ!!部活の合宿に合うバスは?

冠婚葬祭の時に活用すると良い

冠婚葬祭として結婚式やお葬式、その他の儀式があります。親族の他勤めている会社の人、友人などに会場に来てもらう必要があります。ホテルで結婚式をするときなどは、ホテルが用意しているシャトルバスなどがあり主要駅から来てもらえます。しかし一般的な結婚式場や葬祭場、火葬場への移動などでは専用のバスなどが用意されない時があります。この時に利用すると良いのが貸し切りバスです。利用する日時やバスのサイズなどを決めて利用が可能で、基本的には運転手も利用ができます。冠婚葬祭ではお酒が入るときも多く、運転できる人がいても運転ができない時があります。参列する人が多い時は大型バスを利用し、少ない時はマイクロバスなどを選べるようになっています。

部活の合宿で貸し切りバスを利用するとき

学校のクラブ活動は、通常は授業が始まる前の朝であったり、授業が終わった後の夕方、そして土日などに行われます。夏休みや冬休みなどは土日と同じように行われる日もあれば休みの日もあります。夏休みなどの長期休暇の時に行われるのが合宿です。学校とは異なる地に行って、寝起きをともにしながら部活動に集中します。夏場なら少し涼しい地に行ったりがあるかもしれません。その時に貸し切りバスの利用があります。学校を出発地にして目的地までみんなで行けます。スポーツ系や楽器などを使う部活だといろいろと道具を持って行く必要があります。その時は荷物を載せられるタイプや、定員に余裕のあるバスを選んだ方がいいでしょう。大型バスや中型バスなら荷物を多く載せられます。

貸切バスを利用する際は車両の整備を適切に行う業者を選ぶように心がけます。また、車内の清掃やシートの張替えを行っているのも乗り心地の良い車両選びのポイントです。